収納トリアージ™とは

収納トリアージ™の特長

収納トリアージ ワークショップ 整理収納ワーク収納トリアージ™は、モノをしまう場所=定位置を決めるコツをつかむためのワークです。

ふせんや丸シールを使って、楽しみながら取り組めます。

● 自分の家の間取りや持ち物にあわせて学べる
● 「しまう場所」を自分で考えるチカラがつく
● 整理収納ADの現場力を合理的に養える

こんな方に、おすすめです。

このワークを通して、
どのような間取りのお宅でも、
どのような持ち物のお客様でも、
「しまう場所」がピンとくるようになります。😘

片づけの現場は、さながら…

「収納の前に、不要なモノを手放す『整理』をする。」

このことはだいぶ広まってきました。
そしてそれは大原則であることは間違いありません。

しかし、不要なモノを手放すだけでお部屋は片づくでしょうか?

モノを全部を出して「整理」をしたあとの​お部屋は「モノの海」となります。​
出しっぱなしにするわけにはいきませんので、もちろん「いる」と判断したものをしまわなければなりません。

しかし、まるで戦場のような混沌とした状態になったお部屋で、「さぁ、いるものをしまおう」と思っても、​どこに何をしまうべきか、すぐに判断できますか?

引き出しの中だけなど、小さなスペースの片づけならそれも可能かもしれませんが、少し広い範囲だったり、全体の置き場所の見直しもしたい場合などは、​「モノ」と「しまう場所」の紐づけが必要です。
混沌としたお部屋で、その紐づけを頭の中だけで​考えるのは、片づけのプロでもなかなか難しいものです。 ​

そこで、取り入れてみたのが、医療現場で行われている「トリアージ」という方法です。

医療現場でのトリアージ

トリアージ(仏:triage「選別」)とは、たくさんのケガ人や病人がいる現場で、患者の重症度により医師の治療の優先度の選別を行う作業のこと。戦場や震災現場などの救急医療現場で取り組まれている作業です。

赤、黄色、緑、●黒の4色のトリアージタグを使用し、患者の状態がすぐにわかるように選別していきます。

この「情報を色で見える化する」というやり方を、片づけに応用させたのが『収納トリアージ™』のワークです。

「モノ」と「収納スペース」の両方をシールで色分けすることで、それぞれの紐づけを視覚的にわかりやすくしていくのです。

これまでの「場数を踏む」とか「慣れ」とか「センス」といった感覚的な方法ではなく、もっと合理的・効率的に誰もがしまう場所を決められるよう、情報の見える化をテーマとしたワークになっています。

モノの整理が終わった人向けです!

先ほどもお話しした通り、「収納の前に、不要なモノを手放す『整理』をする。」これは大鉄則です。
自分や家族にあう片づけのしくみ(整理収納)を作るには、正しい手順があるのです。

■整理(出す→分ける→減らす)
■収納(しまう場所を決める→しまい方を決める)

今回ご紹介する収納トリアージ™は、この手順の中の、しまう場所を決める のステップに特化したワークとなります。つまり、このワークは、『整理』のステップを完了させていることが前提になります。

まだ不要なモノの整理ができていない方は、出す→分ける→減らすの順で、『整理』を先に終わらせましょう!​

 

(参考)↓「整理は一度したんですけどね~」という方へ

 

 


さぁ、ではさっそく始めましょう!
ここからスタートです!

↓↓↓