「モノは減らした。どこにしまおう?」

収納の前にモノを減らす、というのは大原則。
でも、不要品を減らしたあと、
何をどこにしまえばいいか
しまう場所(定位置)決め
悩んだことはありませんか?

モノの要・不要と向き合うための
本やワークは、巷にたくさん。
でも、そのあとの
「収納」で手こずる方のために、
しまう場所に特化したワークを考案しました!

それが、この「収納トリアージ」です。

収納トリアージは、ふせんや丸シールを使って、楽しみながらできるワークです。

こんな方に、おすすめです。

● 自宅の間取りや持ち物にあわせられる
● センスに頼らない考える力がつく
● 整理収納ADの現場力を養える

このワークを通して、
どのような間取りのお宅でも、
どのような持ち物のお客様でも、
「しまう場所」がピンとくるようになります。

>このワークの意図・作成背景を読む

さぁ、やってみよう!

テキスト(文章)と動画(YouTube)の両方で準備しています。
お好きな方法でお進みください。

テキスト(文章)でじっくり読む

大きく6つのステップに分かれています。
はじめから続けて読むときは、「はじめから読む」をご覧ください。

動画(YouTube)でかんたんに見る(5分)

こんな時どうする? Q&A

ワークに取り組む中で、「こういう時はどうすればいいの?」と感じやすいポイントをQ&A形式で載せていきます。

ワークを終えた方へ

収納トリアージのワーク、お疲れ様でした!
最後までお付き合いくださり、ありがとうございました!

ワークを終えた方に、お伝えしたいことをまとめました。

整理収納アドバイザー1級の方へ

整理収納アドバイザー1級以上の資格をお持ちの方は、収納トリアージを、ご自分の講座やレッスンでお客様にやっていただくワークとしてもご活用いただけます。

その場合の注意点等をまとめましたので、ご活用の際にはお読みください。

モニターのお客様の声

(アンケートから一部抜粋)

モニター様

実際に書き出してみることで改めて、
使ってるものがいかに少ないかが把握できました…
視覚でとらえることが、とてもわかりやすかったです。

 

モニター様

シールを貼るだけで、エリア分けがスムーズにできること。
見える化すごい!を実感しました💕

 

モニター様

実際の自分の家の収納と、実際に自分が持っているアイテムで進めていくワークなので、
間取りがうちと違うから…
持ってるモノが違うし…
と言うことにならない、画期的なワークだと思います✨

このワークがあれば、どんな間取りでも、どんなモノでも、怖くない!
しまう場所を決める勘どころがつかめるようになります!