収納トリアージ™️ 「しまう場所」に特化したワークショップ『収納トリアージ™』とは、
オリジナルの「しまう場所」に特化したワークショップです。

モノの要不要や、わけ方など「整理」にフォーカスするワークショップはたくさん。しかし、実際の片づけの現場では、モノを減らした(断捨離した)あとの収納で手こずることも。
そんな方向けに、「しまう場所」に特化したワークショップを構築しました。

収納トリアージ™の特長

収納トリアージ ワークショップ 整理収納ワーク収納トリアージ™は、ふせんや丸シールを使って、楽しみながらできるワークです。

● 自分の家の間取りや持ち物にあわせて学べる
● 「しまう場所」を自分で考えるチカラがつく
● 整理収納ADの現場力を合理的に養える

こんな方に、おすすめです。

このワークを通して、
どのような間取りのお宅でも、
どのような持ち物のお客様でも、
「しまう場所」がピンとくるようになります。😘

片づけの現場は、さながら…

お片付けの大鉄則は、「収納の前に整理」です。
しかし、要・不要の整理をしおわった直後の部屋の状態というのは、さながら「モノの海」と化しています。
そのような中で、勘やセンスだけで しまう場所を適確に決め、モノを収納していくというのは、片づけのプロでも難しいものです。

そこで、取り入れてみたのが、医療現場で行われている「トリアージ」という方法です。

医療現場でのトリアージ

トリアージ(仏:triage「選別」)とは、たくさんのケガ人や病人がいる現場で、患者の重症度により医師の治療の優先度の選別を行う作業のこと。戦場や震災現場などの救急医療現場で取り組まれている作業です。

赤、黄色、緑、●黒の4色のトリアージタグを使用し、患者の状態がすぐにわかるように選別していきます。

この「情報を色で見える化する」というやり方を、片づけに応用させたのが『収納トリアージ™』です。

これまでの「場数を踏む」とか「慣れ」といった感覚的な方法ではなく、もっと合理的・効率的にしまう場所を決められるよう、情報の見える化をテーマとしたワークになっています。

モニターのお客様の声

(アンケートから一部抜粋)

モニター様

実際に書き出してみることで改めて、
使ってるものがいかに少ないかが把握できました…
視覚でとらえることが、とてもわかりやすかったです。

モニター様

シールを貼るだけで、エリア分けがスムーズにできること。
見える化すごい!を実感しました💕

モニター様

実際の自分の家の収納と、実際に自分が持っているアイテムで進めていくワークなので、
間取りがうちと違うから…
持ってるモノが違うし…
と言うことにならない、画期的なワークだと思います✨

カフェdeレッスン、セミナー等で実施しています

収納トリアージ™は、カフェdeレッスンや自主セミナー等で実施しています。
ご興味がありましたら、お気軽にご連絡ください。

カフェdeレッスン 詳細へ