【メディア掲載】人生が深まる雑誌『暮しの手帖』で書類収納を監修しました。

『暮しの手帖』という雑誌をご存知ですか?
本屋さんに並んでいるので
目にしたことがある方も多いと思います。

7月25日発売 暮しの手帖社
『暮しの手帖』第5世紀19号

P.113 <買物案内>というコーナーで

散らかりがちな書類を整理する
収納道具とアイデア

というテーマで書類整理のための
ファイリング用品の選び方について
監修させていただきました。

この<買物案内>のコーナーは、
『暮しの手帖』編集部が
暮らしに役立ちそうな商品を
実際に使って検証してみる!という企画。

わが家の書類収納の紹介ではなく、
読者の方がファイリング用品を選ぶとき
どんな目線で選べばよいか、
どんな商品がおすすめなのかを
事前に私からヒントをお伝えして
それをもとに編集部で商品を選び、
実際に使いながら検証をされました。

主婦雑誌の商品紹介は
写真と100字程度の僅かなテキストが一般的。
ですが、この雑誌のこのコーナーは
完全に「読み物」です。
軽快で小気味よい文章が3ページ。
なかなか読み応えのあるコーナーです。

ライフステージやライフスタイル、
また、住まいの収納状況によって
千差万別、正解のない書類収納。

3ページにまとめるのは
相当難しかったと思いますが
バーチカルファイリングだけではなく
簿冊式バインダーもいくつか載せ、
中身の濃い実証記事となっています!

暮しの手帖社の驚くべき理念

ところで、
今回の企画の話をいただくまで、
実はあまり知らなかったのですが、
暮しの手帖社は創業当初から
「広告を入れない」「全品試作・実証」
のスタイルを貫いている
のだとか!

イマドキの雑誌は、
中身の1/3が広告 と言われる時代。
広告のない雑誌なんて聞いたことない!😲

買物案内の企画も
編集部が必ず商品テストを行うため
発行の4ヶ月近く前からお声かけをいただき、
取材のやりとりの丁寧さと実直さに
ただただ感心しました。

(ふつうは2ヶ月前とか、場合によっては1ヶ月前に連絡→すぐ撮影→バタバタで原稿チェックということもあります。)

雑誌社という会社組織がその理念を
今も継続させることの大変さと比べたら、
私の活動なんて足元にも及ばないけど、
実はこのブログも同じスタイル。

外部広告やPR記事は入れない、
商品紹介やアフィリエイトは
自分で使って良かった物だけという主義です。
(YouTubeは広告つけてるけどね…😅)

なので、同社にとても親近感を感じました。
いや、圧倒的ファンになりました!

▼暮しの手帖社 会社案内。取引させていただく会社は、必ず会社案内を確認しています。

世代を超えて伝わる良さ

今回、監修し名前が掲載されたことを
実家の母に知らせたら、
『暮しの手帖』は昔、定期購読するほど
好きで読んでいた本だったようで
いたく感動してくれました。

「もしかして40年前の本かと思うほど
懐かしくページをめくりました。
あの頃のままの項目に、驚きと歓びと感激!
ありがとうと思いました。
丁度子育て中で、その時の子(私のこと)が
こうしてこの本に載るとは、
まるで夢のようです。」

なんだか大袈裟ですが…😅
いつも業務連絡みたいな会話ばかりなので
ようやくひとつ
親孝行ができた気がします。

『暮しの手帖』を読んでいる時間は
他の雑誌を読む時とはちょっと違っていて
すこし特別な時間のように感じます。

デザインや可愛い装飾でごまかさずに
シンプルな文章だけで綴られた世界観は
世代を超えたみんなが一つ一つの暮らしに
懸命に向き合う姿勢そのものが
垣間見れる気がするんです。

編集者や寄稿者が感じた率直な思いが
真っ直ぐに描かれているからかな。

いつの時代も、一生懸命って輝かしい。

ノスタルジーとひとことで言ってしまうと
チープに感じるんですが、
母が「あの頃のまま」と喜ぶのも頷けます。

気忙しいビジネスのほこり臭さが消える
素敵な雑誌ですので、
ぜひみなさんも、
一読してみてはいかがでしょうか?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】暮しの手帖 2022年8月号【雑誌】
価格:997円(税込、送料無料) (2022/7/28時点)

ではでは👋