【出張お片付け】昭和時代の分厚いアルバムを楽しく整理する(ビフォーアフター事例)  

コロナ禍前から何度かお伺いしている
リピーターのお客様から
今度はモノの片付けではなく
写真整理のご依頼をいただきました。

【出張お片付け】昭和な分厚いアルバムを分厚いアルバムを写真整理

4LDKにご夫婦二人暮らしですので
スペースには余裕はあるものの、
ゆくゆくは、今の戸建ての家を売って
マンションに越すことも考えているため、
とにかく量を減らしたい!とのこと。

美しくアルバムを作成するというより
量を減らすための「整理」
したいようです。

今回のお客さま

●60代 専業主婦
●ご主人
●4LDK一戸建て

ビフォーアフター

写真整理には
いろいろな方法があると思います。

例えば、アルバムの見開き1ページ分の
12枚で1か月分(or1年分)にするという
ページごとに枚数制限を設ける
やり方もあります。

でも、今回のお客さまは
お子様がいらっしゃらないので
学校行事や子どもの成長記録のような
一年単位で写真の量が平均化できる
暮らしではありません。

親族の結婚式や旅行があると写真も多く
逆にイベントがなければ写真も少ない。
今回のお客様にとっては、
枚数を月ごとや年ごとで
平均化する方法は難しい
ようです。

そこで、まずは大ざっぱに
結婚前/結婚式/結婚後
というくくりで
ざっくりカゴに分けていきました。

仕分けをする時は、
重ねた写真が雪崩れて混ざらないよう
カゴや箱を用意すると便利ですよ!

仕分けをしながら、
当時のお話をうかがったり、
海外旅行での逸話をお聞きしたり。
楽しい話に花を咲かせながら
手はひたすら写真を取り外していきます。

【出張お片付け】昭和な分厚いアルバムを分厚いアルバムを写真整理

分厚い貼り付けタイプのアルバムから
写真を剥がす時は
爪で剥がそうとすると指を傷めます。
ぜひ毛抜きか魚の骨抜きを使いましょう!

爪よりも薄く鋭いので
スルリと写真の下に入り込むし
つかんで引っ張ることができるので
スピーディに剥がすことができます。

【出張お片付け】昭和な分厚いアルバムを分厚いアルバムを写真整理

何冊かはアルバムも写真も古すぎて
剥がそうとすると破れてしまうものも。

節目写真館のような、
スキャンしてDVDにデータ化してくれる
サービスもありますよ?
とお伝えしましたが、
そこまでの思い出でもない、とのこと。
置く場所がないわけではないので
今回はそういったものは一旦保留にしました。

またご実家のお母様が文字入りで
綺麗に貼り付けてくれているアルバムも
今回は保留にしました。

一度に全部手放す必要はないですしね。
見返してみて思いが残るものは、
時間や空間が許すなら
取っておいてもいいと思います。

仕分けをした写真たちを
お客さまが要不要の選別をして、
必要とされたものを
私がアルバムに入れていきます。

今回は新しいアルバムではなく
今まで使っていた中で
比較的綺麗なポケットアルバムを
再利用したいとのことでしたので
アルバムは不揃いではありますが
こんな具合にすっきりとまとまりました。

【出張お片付け】昭和な分厚いアルバムを分厚いアルバムを写真整理

下のカゴに入った写真は
処分するものたち。
時間内に勢いで仕分けていったので、
私が帰った後でもう一度、
じっくり確認されたようです。👍

【出張お片付け】昭和な分厚いアルバムを分厚いアルバムを写真整理

分厚いアルバムも
何冊かは処分できました。😊

【出張お片付け】昭和な分厚いアルバムを分厚いアルバムを写真整理

仕分けをしていく中で、
「これは私しか写ってないから要らない」
「これは亡くなった叔父さんが映ってるから要る」
「こっちのほうが主人も映ってるわ」

こんなセリフを何度か耳にしました。

自分のアルバムではあるけれど、
自分一人の写真よりも
親族やご主人と一緒に写っている写真を
優先的に選んでいるお客様。
若い頃の自分を見たいというより、
まわりの人とのつながりを
大切にされているんですよね。

そんな姿を見ていたら、
「自分史」って、もしかしたら
「自分のまわりの歴史」なのかもしれない
とふと頭をよぎりました。

私はふだん、
どんな写真を撮っていたかしら。

これから、写真に「何を撮るか」が
ちょっと変わってくるような、
そんな気づきのある出張お片付けでした。

こちらの出張お片付けの様子は
YouTube片づけものさしチャンネルでも
動画で公開しています。
作業中のおしゃべりがどんな感じなのか
ぜひみて見てくださいね😉

ではでは👋