【雑記】鎌倉探訪と、一人で握りしめずに「巡らせること」

先週の金曜日、
整理収納AD仲間のtakaちゃんと、
「大人の遠足」で鎌倉に行ってきました。

鎌倉って、ちょっと憧れの土地なのです。
野菜もお肉もお魚も美味しくて、
小さいけれど
素敵なこだわりのあるお店がたくさん。
神社やお寺や自然もたくさん。

家族と行くのもいいけれど、
息子や主人が興味のない
手仕事や暮らしのお店、カフェなどに
じっくり行ってみたい。

そこで、同じく“暮らしごと“が好きな
takaちゃんを誘って散策してきました!

たくさんの神社仏閣の中から
今回お参りしたのは
佐助稲荷神社と宇賀福神社。

佐助稲荷神社は、
幻想的な49基の朱色の鳥居が象徴的で
深い緑とキツネさんに囲まれた
こじんまりとした静かな神社。
鳥居の映え写真、たくさん撮りました。😆

対して宇賀福神社は、
お金を清められる霊水が湧く銭洗弁財天。
有名な観光地なので、綺麗に整えられており
多くの人が訪れていました。

佐助稲荷神社は出世運、
宇賀福神社も金運・財運アップで有名。
どちらもお仕事的にご利益がありそう。

銭洗弁財天の霊水で清めたお金は、
お守りのように持ち続けるのではなく
すぐに使うのが良いのだそう。

「清めたお金が世の中を巡っていくうちに
福が2倍3倍となって訪れてくれるんだよ」
と社務所のおじさんが教えてくれました。

なるほど。
最近、GIVEする(与える)ことや、
世にめぐらせること が
わたしの中のテーマになりつつあります。
平たく言っちゃうと
「社会貢献」ってことなのでしょうね。

自分が何かを得る、TAKEすることが
主眼だった若き日のあり方から、
今度は自分が周りに対して
できることを考えていく
そろそろそういうステージなのかもしれない
と思いました。

得たものを一人で握りしめずに
世に巡らせること・・・。

さてさて、
鎌倉グルメももちろん、
たんまりと楽しみましたよ。🐷

ランチは名物のしらすを食べたし、
takaちゃんが行きたいと言っていた
ensoというお店のカフェも
とても絶品・素敵でした✨

お土産もいろいろ買いました!

御成町にある焼き菓子の
メゾン ド ルル (maison de lulu)
で小さな焼き菓子をお土産に買いました。

ここのフィナンシェが、
ぎゅぎゅっと濃厚で
期待を越える美味しさでした。
焼き菓子にあまり興味を示さない
主人と息子が
「美味しい、美味しい」とペロリ。

次に行くときも
絶対また寄って行きたいです。

鎌倉 佐助にある「もやい工藝」入り口

そして、私がすごく行きたかったお店が
上の写真の「もやい工藝」。

沖縄・やちむん、大分・小鹿田焼などの
陶器を中心にした手仕事 工藝品のお店。
うつわ好きの方は絶対に訪れたいお店です。

のぼりや看板がなくって、
近くに着いても「え?どこ?」と
見逃してしまいそうな店構え。

ようやっと見つけて、
緑に囲まれた庭から中へと入ってみると、
そこは想像以上に雰囲気のある
絵本の中のような空間が!

見るだけで興奮しすぎて
店内の写真撮影ができるのか
聞くのを忘れてしまいました。😅

小鹿田焼 豆皿

あれも欲しいこれも欲しい、
うーんうーんと悩んだ末、
以前から欲しいと思っていた
小鹿田焼の豆皿を二枚だけ購入し
お店をあとにしました。

(本当は三枚欲しかったけど売り切れてた🥺)

まだ目止めができていなくて
使っていないのですが
お漬物やお茶菓子など
幅広く使えそうで、楽しみです!

他にも後ろ髪を引かれるような
素敵なうつわがたくさん。
また今度は紫陽花の咲く季節にも
訪れてみたいです!

結局ふりかえると、
10:30に駅で待ち合わせをして
17:00の電車に乗るまで
ず〜っと歩き通し。

帰宅後 iPhoneのヘルスケアを見たら
11.6kmも歩いていました!

運動不足の身にはかなりこたえましたが
おかげで、市場、御成通り、小町通り、
神社、お互いが行きたかったお店と
たーくさん見れて大満足な一日でした。

インフルエンザも流行り病も
まだまだ気は抜けないですが
外出規制はようやく無くなってきましたね。
幸せを世にめぐらせること、
意識して過ごしてみたいと思います。

ではでは👋