【わが家の収納】乾物とレトルト食品の収納と、2つの適正量の考え方

先日、お客様からこんなご質問を頂きました。


(個人が特定できないよう、アイコンは変えています。)

ふむふむ、なるほどー。
乾物ですね~~。

たしかに、お客様宅にお伺いすると
大きな袋の昆布や、鰹節、海苔を
よくお見受けします。

そこで今日は、
わが家の乾物・レトルト食品の収納と
適正量の考え方をお伝えしたいと思います。

まず、わが家の収納方法からご紹介

乾物・レトルト食品などの
常温で保存できる食品は、
すき間収納「パントリーもどき」
に収納しています。

【わが家の収納】スペースから決める適正量!乾物とレトルト食品の収納

↓「パントリーもどき」の全体はこちらもどうぞ。

乾物の中でも、
「一度に袋の中のモノを
全部使い切らないもの」は
こんな感じで収納しています。↓

【わが家の収納】スペースから決める適正量!乾物とレトルト食品の収納

お豆が好きなので、お豆だらけです(笑)

これらは、スナップウェア(廃番品)に
入れ替えて収納しています。

 

「一度で使い切れる 使い切り乾物」や、
定位置を作るまでもない一時的な乾物は
白いカゴに入れています。↓

【わが家の収納】スペースから決める適正量!乾物とレトルト食品の収納

この白いカゴに収まる量が適正量。

いま、味付け海苔が適正量を超えて
はみ出していますが・・・(笑)

春雨(小分け)、鰹節(小分け)、
切り干し大根(使い切り)、
桜エビ、塩昆布など。

 

その下の段のレトルト食品も
白いカゴに入る分が適正量です。↓

【わが家の収納】スペースから決める適正量!乾物とレトルト食品の収納

無印良品のカレーが5~6個、
S&B 明太子パスタソースが2袋
お茶漬けの素など。
いずれも、使い切りのモノです。

こちらも今、水煮タケノコがはみ出てます😅

わが家の適正量の考え方

さて、
「大きな乾物はどうしていますか?」
というご質問だったわけですが、
その回答としては
こういうことになります。

ながしま

大袋は買わず、小分けパックを買うようにしてます!

つまり、大きなモノを買わない、
ということ。
(毎日のお出汁は、出汁パックを使っていて、乾物ではなく調味料の段にいます。)

な~んだ、と思われたかもしれませんが
この考え方、意外と大事です!

適正量の考え方には2通りあります。
持ちたい量を基準にする考え方
スペースに入る量を基準にする考え方

すべてのものを
❶持ちたい量を基準にしてしまうと
大豪邸でない限り、溢れてしまいがち。

限りあるスペースで
すっきり暮らすためには、
❶と❷をバランスよく持つ必要があります。
(全部❶にする必要はないですよ~)

自分が持ちたいもの(私の場合、豆)は
❶持ちたい量を基準に適正量を決め、

その代わり、こだわりが少ない物は
❷スペースに入る量を基準に適正量を決めて
そこに入らないものは、
モノ買う前段階から、
選ばないようにしているのです。

 

お片づけは、モノを買う前から
始まっているのです。✨

 

食品を買う時の基準が、
ぜーんぶ ❶持ちたい量が基準💀
になってしまっている方は要注意です!

もちろん、貰い物はあります

友人からの旅行のお土産とか、
実家の親が持たせてくれたりとか、
貰い物でいただくこともありますよね!

わが家の場合、そういう時は
すぐに使い切る努力をしています。
(ガンバルヨー💦)

あえてキッチントップに出しておき
毎日いろんな料理に積極的に使う。
1週間もすれば、
だいたいは使い切れますよ!

レシピが思い浮かばないときは
クックパッドだ!!!(笑)

貰い物は、おいしいうちにすぐ頂き
次に会った時に「おいしかったよ!」
の御礼が言えた方がいいですもんね😉

 

ということで、
今日はわが家の乾物&レトルト食品の収納と
適正量の考え方のお話でした!

【わが家の収納】スペースから決める適正量!乾物とレトルト食品の収納

全部❶で買い物しちゃっている方は
ぜひ、❶と❷のバランス、考えてみてね!

ではでは👋

 

キッチンの収納、見てると
元気が出る!(←片づけ変態)
↓↓↓

にほんブログ村テーマ 収納・片付けへ収納・片付け

にほんブログ村テーマ キッチンの片付け・断捨離・収納へキッチンの片付け・断捨離・収納

にほんブログ村テーマ 楽しいキッチン♪へ楽しいキッチン♪