【アウトドア便利品】荷物カートがイスになる!砂浜にもキャンプにも大活躍☆FIELDOOR BUGGY CHAIR バギーチェア

来週はお盆休みの方が多いと思いますが、
わが家は少し早めに今週お休みを取り、
家族旅行に行ってきました!

行き先は静岡県下田市。
目的は海水浴です。🌊

下田の海は本当にキレイ✨
自分の足が見えるほど、水が透き通っています。
家族旅行でここに来るのは3回目ですが、
今回も青い空と海、
白い砂浜を堪能してきました!

ーーー

さて、今回の海水浴旅行で
新たに導入したものがあります。
それがこちら。

【FIELDOOR BUGGY CHAIR】荷物カートがイスになる!砂浜にもキャンプにも大活躍なバギーチェア

FIELDOOR
BUGGY CHAIR バギーチェア

FIELDOOR BUGGY CHAIR バギーチェア
価格:8100円(税込、送料無料) (2019/8/9時点)

 

家族で海に行く時って、
荷物がいっぱいになりますよね💦

テントや遊び道具、着替えやタオル
飲み物やちょっとしたおやつ
などなど…。

砂の上を歩くのが大変な子供がいると
「抱っこー」と言われたりして
それも大変😅

大荷物での移動をなんとかラクしたい!

そこで導入したこのバギーチェア。
とても快適だったので、
ご紹介したいと思います。


オススメポイント❶ ただの荷物用キャリーじゃなくてイスになる!

いちばんのポイントは、
荷物を運ぶだけのキャリーではなく
イスになるということ。
イスを別途もっていかなくても済みます。

【FIELDOOR BUGGY CHAIR】荷物カートがイスになる!砂浜にもキャンプにも大活躍なバギーチェア

写真は、海に行く前に自宅前で組み立て
6歳児が座ってみたところ。
(実際に、浜辺で座った写真を撮り忘れた😅)

上の写真は背もたれの一部を持ち上げて
日よけとして使っています。

日よけを下ろすと下の写真のようになり
大人の頭を支える高さになります。

【FIELDOOR BUGGY CHAIR】荷物カートがイスになる!砂浜にもキャンプにも大活躍なバギーチェア

リクライニングなどの機能はありませんが、
砂浜で一休みするにはちょうどいい椅子です。

座高の低い椅子なので、
キャンプ地で利用する場合は、
草丈の低いところに向いていると思います。


オススメポイント❷ 幅7.5㎝のノーパンクタイヤで安心!

FIELDOORのバギーチェアは
かなり大きくて幅が太いタイヤです。

【FIELDOOR BUGGY CHAIR】荷物カートがイスになる!砂浜にもキャンプにも大活躍なバギーチェア

6歳の息子の顔の前に掲げてみた。↑↑
頭よりひとまわりデカいです。

大きくて太いから、
砂浜でも砂利道でも安定して移動できます。

【FIELDOOR BUGGY CHAIR】荷物カートがイスになる!砂浜にもキャンプにも大活躍なバギーチェア

タイヤの装着もとっても簡単。
工具不要で、ピンを指で押し上げれば外せます。

ちなみに、FIELDOORのこの商品は
ノーパンクタイヤで空気入れ不要なので
使いたい時にすぐ使えます。

似たようなバギーチェアでも、
使う時に毎回空気を入れなきゃいけない
タイプもあるので、買う時注意です!


おすすめポイント❸ 本体フレームはアルミで女性でも軽々☆

フレームは錆に強くて軽量なアルミ。
女性でも軽々と車に積んだりできます。

タイヤを外して畳むとこんな感じ。↓
車にも乗せられます。

【FIELDOOR BUGGY CHAIR】荷物カートがイスになる!砂浜にもキャンプにも大活躍なバギーチェア

 


 

ということで、今年の海水浴は
このバギーチェアのおかげで、
ビーチでの移動がラクラクでした!

荷物以外にも、
「砂がアツい!」と弱音を吐く息子も
ちゃっかり一緒に乗せて
移動しちゃいましたよ(笑)

 

ではでは👋

 

アウトドア用のキャリーカート(ワゴン)は
最近公園などでも見かけるようになりました。
便利なものがいっぱい出てきますね~。

ブロガーさんたちのオススメな
アウトドアグッズはコチラからどうぞ~💕
↓↓↓

にほんブログ村テーマ 自慢の愛用アウトドアグッズへ自慢の愛用アウトドアグッズ

にほんブログ村テーマ アウトドア・薪ストーブ・キャンプ・釣りへアウトドア・薪ストーブ・キャンプ・釣り

にほんブログ村テーマ アウトドアグッズって日常でもOKよね?へアウトドアグッズって日常でもOKよね?