【実録☆ビフォーアフター】できた!が嬉しい♡自分を認めると前進できる片付け(出張お片付け事例)

昨日は、出張お片づけサポートでした!

先日からの風邪のせいで
朝から声がほとんど出ない状態💦😩

体は元気に動けるのですが、
お客様にはお聞き苦しい声だったかと…。
すみません。😢

替えのいない個人事業主、
体調管理は注意しないといけませんね😅

お客様情報

今回のお客様

●ご依頼主:神奈川区 K様 専業主婦
●ご家族:夫、長男6歳、長女3歳
●お住まい:3LDK マンション 半年後に戸建に引越し

今回の作業概要

●場所:リビング横クローゼット
●時間:2時間

ビフォーアフター

はじめましてのお客さまでした❤️

ご依頼当初はリビングの床に出ている
お子様のおもちゃにお悩みでした。

ただ、LINEの事前打合せで
お写真を見させていただくと
おもちゃを収納できる場所がなさそう💦
クローゼットや壁面が埋まってしまっています。

壁面収納の中身は大人のモノでいっぱい。
壁面収納の左側に
大型のクローゼットがありましたが、

ここも下段の子ども服(3段引出し)以外は
ふだん使わない大人のモノで満杯😅

ということで、

半年後に戸建てに引っ越す予定もあるため
今回はまず、お引越しに向けて、
大人の不要モノを減らしていき
子供のおもちゃがおさまるように
少しスペースを空けていこう!
ということになりました。😘

初回3時間。🕒
座学&ヒアリングなどで1時間要しますので
実作業は2時間しかありませんでしたが
ビフォーアフターはこんな感じに。

アフター

上段右側にあった緑色の引き出し3段は
古くて重さでたわんでいるので
この際、サヨナラ!👋

中にあった奥様の2軍衣類や布物は
整理をして奥様のクローゼットの部屋へ。

収納内にスペースができたので、
壁面収納をふさいでいた客用マットレスを
収納内にしまうことができました!

 

下段は、
たくさんあった紙袋のうち
新居建設関係の書類が入った4袋はそのまま、
それ以外の3袋は紙袋やビニール袋。🛍

1枚ずつ整理をしたら、1袋になったので
使いやすいキッチンへ移動しましたよ!
キッチンのほうが、活用していただけそうです。

ビフォー

アフター

奥がスカスカになりました!✨

 

もともとモノがきちんと種類別になっていて
きれいに収納されていました。
ふだんから丁寧に家事をされているのが
伝わってきます!☺️

「いちおう自分でも整理しているんですが
捨てられないんです・・・😢」

と仰っていたK様。
仰る通り、なんども見直したんだろうなー
という頑張りが随所に感じられるお宅でした。

 

いっしょに作業をしてみると
捨てられないことなんて全然なくて。

自分が持っていて安心できる量を
自分で決めることもできるし、
まだ使えるけれども
使わないだろうなぁというモノとも
冷静に向き合って判断できる力をお持ちです。

十分、頑張ってらっしゃる!!😊

わかりますわかります。

私もそうなんですが、
真面目で頑張り屋さんで前向きの方こそ
自分の頑張りを「まだまだ!まだまだ!」と
ひっぱり上げて苦しくなることも。

長所なんだけどね、
溜まってくると辛くなる(笑)

 

私も退職後、育児&家事を頑張りすぎていた時、
ストレスからか皮膚疾患がでてしまい
病院に行ったことがありました。
ドクターは同じ年ぐらいの女医さんでしたが
問診のあと、ふとその女医さんがこう仰いました。
「ところで、全然関係ないのですが、
話し方が理路整然とされていて、
しっかりされていますね。
主婦になる前は、キャリアウーマンでしたか?」

それを聞いた瞬間、すごくハッとし、
何かがスーッと消えていくのを感じました。

私、だれかに認めてもらいたかったのかな。。。

退職してから、自分を客観的に
評価&認めてもらえる
環境がなくなってはじめて
自分の頑張りや存在
を誰かに認めてもらうことの
大切さを
実感した出来事でした。

片付けってココロとつながってます。
だからココロが満たされれば
片付けも進むことが多い。

でも家の中のことだから
なかなか誰かに認めてもらう機会も少ない。

苦しくなってきたら
誰かに認めてもらいましょ。
ご家族にでも、ご友人でも、片づけのプロにでも。

 

ではでは👋

他のブロガーさんの断捨離や
お片づけ記事は↓ココから見れます!

にほんブログ村テーマ ビフォー・アフターへビフォー・アフター

にほんブログ村テーマ スッキリさせた場所・ものへスッキリさせた場所・もの

にほんブログ村テーマ おうちを片づけたいへおうちを片づけたい

にほんブログ村テーマ 収納・片付けへ収納・片付け

にほんブログ村テーマ 片付けて プチストレスをなくしていくへ片付けて プチストレスをなくしていく