【実録☆ビフォーアフター】子ども部屋の片づけと、1時間でキッチン吊戸棚を超特急かたづけ(出張お片付け事例)

一昨日は、出張お片づけサポートでした。
撮影OKのお客様でしたのでご紹介します。😉

お客様情報

今回のお客様

●ご依頼主:南区 S様 パート勤務
●ご家族:夫、長女(小4)
●お住まい:3LDK 戸建て

今回の作業概要

●場所:長女ちゃんの部屋&キッチン吊戸棚
●時間:4時間&1時間

ビフォーアフター

継続でお伺いしているS様宅。
今回は前半にお嬢様のお部屋の見直しと
後半にキッチンのお片づけです。

4月から5年生になるお嬢様。
以前、お部屋のデスクの向きかえたら
「自分の部屋」という自覚ができて
自室でお勉強できるようになりました。✨

 

ただ、前回は
お洋服&クローゼットが中心だったので
デスク周りは配置を移動しただけ。
学用品などの整理収納はしませんでした。

ビフォー

この写真の右側に学習机があるのですが
学用品や工作の材料がゴチャゴチャしていたり
塾の学習済みプリントが
ファイリングできないとお悩みでした。

アフターはこんな感じに。

部屋の全体像を撮り忘れたので
わかりづらくて申し訳ない・・・。

動線が悪かった本棚を、学習机の背面に移動し
中に入っていたものを整理しました。
塾の学習済みプリントは、
黄色いボックスにポイポイ収納するだけ。

ごちゃついていた工作や趣味グッズと、
家に置いておく学用品(絵具や習字など)は
ベッド下収納に入れることに。

 

実は、このベッド下収納には、
お母様が管理している
敷きパッドやカバー類が入っていました。

敷きパッドやカバー類は
本来の寝具置き場へ移動。
ベッド下収納をお嬢様に明け渡しました。😊

 

「子どもが部屋を片づけられない」
というお悩みの原因を紐解いてみると
そのおよそ半数ぐらいが
「子ども部屋の収納の中に、
親が管理するモノが入っているから
子どもがしまう場所が足りてない」
ということだったりします。😅

成長に伴ってモノが増えたのなら、
親は子供に、
モノを買い与えるだけではなく、
そのモノを管理する方法、管理する空間も
教えながら分け与えてあげる
良いのだと思います。

モノを買い与えるだけで、
そのあとの管理は自分でってのは
ちょっと酷なのでね。😅

ーーー

さてさて、
続きましてキッチン。
この時点で、なんと
残り1時間になってしまいました!😲💦

短時間しかないので、
吊戸棚から取り掛かることにしました。

S様宅の吊戸棚は高く、死蔵品の温床になりやすい場所でした。
なので、比較的手放しやすいものが入っていたので、ここに着手しました。

ビフォー

アフター

お鍋やフライパンは、コンロ下収納へ移動し
あとは「残す」と決めたモノを
種類ごとに分けて、
かごに入れて収納しただけで
見違えるようになります。✨

ビフォー

アフター

こちらは、
コーヒー・紅茶・スープなど
上手に飲み物だけを集めていたので
カゴを大きなものに変えて
溢れないようにしただけ。
上手く回っているなら、変えなくてOK!

 

最後にシンク下の引出しも。

ビフォー

アフター

モノが折り重なっていて、
なにが入っているかわからない引き出しも

モノをぜんぶ出して(出す)
種類ごとに分けて(分ける)
要らないものを手放したら(減らす)

ざる・ボウル・ジッパー袋など
よく使うモノだけ配置します。
2軍のツールや保存容器は
吊戸棚へ移動して終了!

1時間でだいぶスッキリしました!

ちなみに、ジッパー袋は
深い引出しに収納するなら
立ててて収納するのがオススメなので
後日また改善予定です。
(そしたら、もっとスペースが空きますね!)

<関連記事>

 

ということで、
お嬢さんのお部屋と、
キッチンの一部分のお片づけでした。

S様も、モノと向き合うのが
とても上手になってきました!
キッチンは次回で全体が片づけられそうです。
そうしたらまた、
全体像をご紹介させていただきますね!

ではでは👋

 

他のブロガーさんの断捨離や
お片づけ記事は↓ココから見れます!

にほんブログ村テーマ ビフォー・アフターへビフォー・アフター

にほんブログ村テーマ スッキリさせた場所・ものへスッキリさせた場所・もの

にほんブログ村テーマ おうちを片づけたいへおうちを片づけたい

にほんブログ村テーマ 収納・片付けへ収納・片付け

にほんブログ村テーマ 片付けて プチストレスをなくしていくへ片付けてプチストレスをなくしていく