電源タップのゴチャつき見直し&急速充電器を導入|Anker 521 Charger (Nano Pro)

流行りに乗って買ったオートミール。

平日の自分のランチ用に…と
オートミール粥をやってみたけど
口に合わず、余ってしまっていました。

そこで、大好きな なかしましほさんの
まいにち食べたい“ごはんのような”
クッキーとビスケットの本
』のレシピで
フラップジャックにしました。

バターを使わず菜種油を使い、
胡麻、生姜汁、きび糖、塩、蜂蜜
というシンプルな材料。

彼女のレシピは材料ももちろん
工程も実にシンプルで
慣れれば5分でオーブンにIN!が可能。
平日でも気兼ねなく作ることができます。

滋味深いほっこりする味わいで
でもカリカリっと歯応えも良く、
とても美味しかったです。
コーヒータイム満喫〜〜❤️

電源タップが目障りなビフォー状態

さてさて、今日の本題は、
電源タップまわりを整理した話。

わが家は外出グッズ置き場の近くにある
充電ステーションのほかに、
ソファーのくつろぎスペースにも
電源タップが必須です。

壁コンセントがテーブルの下なので
そこから1.5m電源タップをのばしてきて
ダイニングのベンチに
こんな感じで置かれています。

<Before>

電源タップまわりを整理&急速充電を見直す

ここで充電しているものは、主に
①iPad(第6世代)<息子用>
②iPhone 13 Pro <私用>
③iPad Pro 11インチ(第2世代)<私用>
の3台です。

※主人は、2階の自室でリモートワークなので、ここでは彼の機器はあまり充電しない。

現在は、①についてきた10W充電器と
③についてきた18W充電器を
電源タップに挿して使っています。

3台同時に充電することはほぼないので
2口で良いのですが
電源タップの存在感が大きいことや
充電器が垂直に刺さっていて
見た目がゴチャゴチャしているのが
気になっていました…➿

自分が持っている機器の最大W数を調べる

見た目のごちゃごちゃが嫌なのに加え、
どうせ変えるなら、
持っている機器の充電機能を
最大限に活かせるワット(W)数の
急速充電器に変えたい!

(つまり、速く充電したい!)

そこで、
まずは持っているiPad/iPhoneが
それぞれ最大何Wで充電ができるのか
調べてみました。

▼自分が持っている機器のモデルを調べるのはこちら(Apple公式)
iPad <https://support.apple.com/ja-jp/HT201471>
iPhone <https://support.apple.com/ja-jp/HT201296>

▼モデルがわかったら最大W数を調べる
※Appleは最大W数を公表していないので、ググって参考にしました。(自己責任)
<https://greens-one.com/iphone-ipad-maxw/11111/>

どうやら、わが家の機器は、
こんな感じらしいです。

①iPad(第6世代):急速充電非対応12W
②iPhone 13 Pro :27W
③iPad Pro 11インチ(第2世代):30W

残念ながら、①は急速充電非対応。🥺
大きなW数の急速充電器を買っても
いま使っている10W充電器と
速度はあまり変わらないみたい。

でも、②と③は、
いま使っている18W充電器より
大きなW数の急速充電器を買えば
27W/30Wまで速くできる!😃

ということで、私は
2口タイプのこちらを選びました!

電源タップまわりを整理&急速充電を見直す|Anker 521 Charger (Nano Pro)

Anker 521 Charger (Nano Pro)
<https://www.amazon.co.jp/gp/product/B09CGNXM71/ref=ppx_yo_dt_b_asin_title_o01_s00?ie=UTF8&th=1>

急速充電器ってイロイロあって、
MacBookとかも充電できるような
65Wとか100W出力とかもありますが
わが家の機器にはトゥーマッチ。

最大W数が27Wと30Wだったので
1台使用時は40W出力、
2台使用時でも20Wでの急速充電ができて
大きさもコンパクトな
Ankerのこちらの充電器にしました!

見た目スッキリと急速充電をかなえる!

この急速充電器、
手のひらサイズで
すごく小さいんです!

電源タップまわりを整理&急速充電を見直す|Anker 521 Charger (Nano Pro)

昔のiPhoneについてきた5W充電器や
iPad Pro についてきた18W充電器と
比べてもそんなに大差ない大きさ!

電源タップまわりを整理&急速充電を見直す|Anker 521 Charger (Nano Pro)
電源タップまわりを整理&急速充電を見直す|Anker 521 Charger (Nano Pro)

これ1個でUSB-Cポートが2口あるし
さらに1口だけの時は
最大W数まで急速充電できるって
嬉しすぎる!😆

<Before>

電源タップまわりを整理&急速充電を見直す

<After>

電源タップまわりを整理&急速充電を見直す|Anker 521 Charger (Nano Pro)

壁のコンセントがテーブルの足元だから
延長コードは相変わらず必要ですが

3口電源タップ+2つの充電器
というかなりのゴツゴツ感が、
1口延長コード+1つの充電器になり
かなりスッキリしました!

このサイズならテーブルの裏とか
ソファーの陰とかに
マジックテープでつけられそうだな💕

充電速度に関しては、
計測器などを持っていないので
正確な値はわからないんですが💦

でもでも、感覚値ですけど
だいぶ速くなった気がします!

急速充電器を選ぶには

最近のiPhoneには充電器がついてないから
昔の5W充電器を使っているという方、
結構いるんじゃないかな?

最新の機器はバッテリー容量も
昔より大きくなっているし、
(つまり低出力だと充電に時間がかかる)
せっかく急速充電に対応している機器なら
充電時間は早くしたいですよね。

それから、
増やすなら電源タップじゃなくて、
複数ポート対応の急速充電器にすれば
見た目もスッキリできますよ!

こういうタイプですね!

一度、見直してみるといいと思います。
見直す時のポイントはこちら。

❶充電したい機器をリストアップする
→どんな機器をいくつ充電したいのか。
❷接続口のタイプと持っているケーブルを確認する
→USB-C to Lightning とか、USB-A to Lightning とか、USB-C to USB-Cとか。
❸それぞれの機器の充電時の最大W数を調べる
→最大何Wで充電できるのか。
❹接続タイプ・ケーブル・W数に見合った充電器を選ぶ
→わが家はUSB-C to Lightning と USB-C to USB-Cのケーブルがあるので、充電器の口は2口ともUSB-Cの充電器を選びました。

わからない方は、
❶と❷だけでもリストアップして
(なんなら実物を持って)
電気屋さんで詳しい店員さんに聞くのも
アリだと思います!

電源タップまわりを整理&急速充電を見直す|Anker 521 Charger (Nano Pro)

ということで、
Ankerのミニマムな急速充電器で
テーブル&ソファ付近の
電源まわりがスッキリできた!
という話でした。

さらに、テーブル裏かソファの裏あたりに
吊るして設置できるよう
もう一工夫考えてみようと思います!

ではでは👋