【出張お片付け】引越しで段ボールだらけの納戸をお片付け(整理収納ビフォーアフター事例)

都合により、ずっと新規の受付を
停止している整理収納サービス💦
(スミマセン…😅)

今は、既存のお客様のご依頼を
細々と続けております。

この春お引っ越しをされたお客様で
「段ボールを片付けたい!」と
納戸のお片付け依頼をいただきましたので
ご紹介させてください。

今回のお客さま

●50代 自営手伝い・主婦 
●ご主人、長女(大学生)、長男(中学生)
●4LDK+納戸 一戸建て

ビフォーアフター事例

お引っ越し後の新居には、
10畳ぐらいあるのではないかという
とーっても広い納戸がありました。

そこに、
使用頻度の低いものや節句飾り、
思い出のものなどを収納されています。

ただ、引越し時の段ボールのままなので
梅雨になる前に
「できるだけ段ボールは処分したい!」
とサポートのご依頼をいただきました。

でも、実はこの納戸、天井高が
120か130cmぐらいしかありません。
おチビな私でも中腰で歩くほど。

入口すぐのあたりには
立派なチェストがあり、
ご主人と息子さんが普段着る
肌着やルームウェア、
Tシャツなどが入っていました。

ふだんよく使うものが
かがんで入る納戸にあるのは
ちょっと大変ですね💦

ご主人も息子さんも
クローゼットが別にありますので
今回は息子さんのものを
息子さんのクローゼットへ移動、
(ご主人のは時間の関係で次回。)
空いた引き出しには床おきされている
小物類を収納していくことにしました!

チェストの中の息子さんの衣類を
精査しながら出すお客様と
それを息子さんの部屋へ運ぶ私。

息子さんのクローゼットは
下の空間を有効活用することで
このようになりましたよ!

【息子さん部屋のクローゼット】

納戸にあった肌着やルームウェアが
ぜんぶ自室のクローゼットに収まったので、
もう身支度の時に
自室と納戸を往復しなくてすみますね!😊

その後は、段ボールをひたすら開梱。
息子さんの本は自室の本棚へ、
季節のインテリア小物はチェストへ、
まとめられるものはまとめて・・・。
引っ越しのバタバタで
どうしても後回しになってしまったものを
1つずつ片を付けていきます。

すべての段ボールは片付きませんでしたが
それでも半分くらいは減らせたかな?

ビフォーアフターは
このくらいスッキリしました!
真ん中の通路が確保され
物が種類ごとにまとまりましたよ👍

本や卒業アルバムなどを置くために
何か棚が必要そうです。

納戸ですので安価なカラーボックスで十分。
棚板の高さが変えられる
カラーボックス3〜4個のご購入を
おすすめしました。😊👍

Today’s Point !

今回は、納戸のお片付けでしたが、
息子さんの肌着やルームウエアを
自室のクローゼットに集約させることが
一つのポイントとなりました。

息子さんが身支度をする際に
自室と納戸を往復しなくてもよくなりますし
納戸に散らばるインテリア小物を
収納するスペースを生み出すこともできました。

やはり、洋服類は1人1か所が原則。
(お風呂上がりにすぐ着用したい下着や
フォーマル服・オフシーズン服は
別の場所でも良いです。)

いろんな場所に散らばっているな、
と思ったらぜひ見直してみてくださいね!

ではでは👋