【出張お片付け】壁一面の造作棚シューズクローゼットを攻略せよ!(ビフォーアフター事例)

2023年初の出張お片付け。
リピーターのお客様宅で
お片付けのお手伝いをしてきましたよ!

今回のお客さま

●ご家族:ご主人、長女(大学生)、長男(中学生)
●お住まい:4LDK一戸建て

しまう場所を玉突き式に移動

お悩み箇所はキッチン裏ワークスペース。

3階に個室があるのですが、
3階までモノをしまいに行くのが面倒で
つい、1階のワークスペースに
私物を置いてしまうとお悩みの奥様。

私も2階に上がるのが面倒で
1階の和室押入れに私物をしまっているので
お気持ち、すごくよく分かります!😣
3階ともなるともっと大変ですものね💦

現状ではキッチン収納はパンパン。
量を減らすのはもちろんですが
キッチンはキッチンで使う物も多いので、
私物の置き場をどこか別に作りたい。

そこで目をつけたのが、
リビング横にある細長い棚収納。
こちらに私物を置くスペースを作ることを
ゴールに設定しました!

ここなら、奥様の動線の途中にあるので良さそう!

現状ここには、掃除道具や洗剤、
スポンジなどキッチン消耗品ストックが
収納されていました。

キッチンやリビングで使う物以外は
別の場所に移せそう。

では、ここの掃除道具が
どこに移動できるかというと、、、

玄関横にある、大容量のこちら!

玄関からウォークスルーできる
シューズクローゼットです。
約3畳ぐらいあるでしょうか?
一枚の写真にはおさまらない広さ!

床(たたき)から天井まで、
壁一面に造作棚がついています。😍

上がり框側に
ガムテ、工具、園芸用品などの雑貨類
たたき側に家族の靴を収納されていました。

「しまう場所」的にはバッチリOKですが
収納ケースが不揃いで凸凹していて
効率的に収納できていないようです。

引き出しも奥行きが足りず飛び出ちゃっています。

下の方には無駄に空間が空いて
しまっているところもあります。

収納ケース適切な大きさのもので揃えたり
棚板の間隔を調整すれば、
リビング横収納の掃除道具を
収納するスペースを捻出できそうです!

ということで、

キッチン裏ワークスペース

リビング横の棚収納

シューズクローゼット

という感じで玉突き式にしまう場所を
変更させることにしました。

ビフォーアフター

では、早速シューズクローゼットの
ビフォーアフターです。

不要品をいくつか手放したのもありますが
バラバラだった収納ケースを揃えたことで
だいぶ収納効率がよくなりました!

奥行きが合わず飛び出していた引出しは
カゴ収納にチェンジ。
出っ張りもなくなり、
出し入れの際のアクション数も減りました。

予定していたリビング横収納の
掃除道具や洗剤はもちろん、
別の場所にあった
ティッシュやトイレットペーパーも
置くことができましたよ!

ご家族の靴は
このようにゾーンを決めました!

奥様とお嬢様の長いブーツは一部エリアを共有。

ゾーンを決めることは
増えすぎ防止にもつながりますね。

お嬢さんと息子君のゾーンには
今後増えることも見込んで
棚1段分ずつ予備スペースをとっています。

上がり框側の雑貨類は、
このように段ごとにカテゴリ分け。

細かくてバラけてしまうモノや
隣と混ざらないように仕切りが欲しい時は
収納ケースを使います。

一方で、ペーパー類や洗剤ボトル、花瓶は
そのまま置いています。
ケースを使わない方が
出し入れしやすいんですよね。
「収納=ケースに入れる」
と思い込まないことも大切。

折りたたみ傘も、
棚に直接置いたほうが
しまうのも出すのもラクですね!

長い傘は、突っ張り棒を入れて吊り下げました。

リビング横収納はどうなった?

シューズクローゼットに
キッチンやリビングで使わない掃除道具を
移動することができたので、

リビング横収納は、
このようになりました!

3段分のスペースが解放!
当初の目的達成です!

このくらいあれば、
奥様の私物もいろいろ置けますね。

毎日持ち歩くバッグを置いてもよし。
リビングでするお化粧品を置いてもよし。
つい一時置きしてしまうものを
何かとおさめることができそうです。😊

ということで、
玉突き式にシューズクローゼットを
整理収納することになった今回のお片付け。

YouTubeチャンネルの方では
モノの全出し〜種類分けなどの様子を
動画で公開しております。

「どうやって分ければ良いかわからない」
と悩む方が多い部品や金具、工具など
雑貨の分類のコツも紹介しているので、
ぜひ参考にしてみてくださいね!

ではでは👋