【わが家の玄関】玄関の飾り棚に置くものと、フォーカルポイント

朝起きて携帯を見てびっくり…💦
北海道で震度6強て…。
道内の様子をテレビで見て
ココロをいためております。
関西の台風の被害もすごかったのに。
自然災害が多い日本。
これ以上被害が広がりませんように…。


今日はオープンハウスレッスンの予定でした。
しかし月曜から息子が断続的に熱が出ていて
昨日は主人までダウン…。
こりゃムリだ、ということで、
参加者の皆様に連絡の上、
別の日へ振替していただくことにしました。
(参加者の皆様、スミマセン…)

振替で空席ができましたので、
のちほど別途、告知いたします。


さて、話題を切り替えて、わが家の玄関。

わが家の玄関は、狭小スペース。
逆コの字型に下駄箱がついていて、
まん中には窓&飾り棚スペースが。

こんな風に、飾ってます。

玄関 飾り棚 インテリア 飾り方 下駄箱の上

インテリアには、全く自信がありません。

でも、スッキリした玄関を保つために、
いちばん気を使っていること。

それは、

「飾り棚には、飾りものしか置かない」

ということです。

玄関に置いておきたいものって
いろいろあるんですよね。
(印鑑とか、鍵とか、傘とか)

でも、置いておきたいものと、
飾るものは分けて考えています。
置いておきたいものは、収納に納めます。
飾るものは、飾り棚にかざります。

飾り棚を収納場所の一つだと思って
色々置いてしまうからごちゃごちゃしてくる。
そうなると飾り物も映えません。

めっちゃシンプルですが、
つまりそういうことです。

スッキリさせたいなら、
飾るもの以外は、
どうにかして収納する(笑)

視線の動きをつくる

もう一つ、少しだけ気を使っていることがあります。

それは、

「フォーカルポイントを意識する」

ということ。

フォーカルポイントというのは
視線が集まる場所のことです。

社会心理学で
「ハロー効果」と呼ばれる現象があります。
目立つ特徴がひとつあると、
他の面もその影響を受けて評価される
という現象です。

いちばん最初に視線が集まった場所が
良い印象なら、ほかに悪い印象があっても
ステキ~って思ってくれるというワケ。

わが家の玄関は、とても狭く、暗いです。
その悪い印象を最初につけないように、
玄関入ってすぐに、お客様の視線を
「空間にゆとりがあり、きれいな飾り棚」
へ、いざなおう、という算段です(笑)

では、わが家のフォーカルポイントは?

もう一度、TOPの写真を見てみましょう。

玄関 飾り棚 インテリア 飾り方 下駄箱の上

右側の壁にリースがついていますよね。
下駄箱の真正面からこうやって撮ると
ちょっと変なのですが、
わが家では、この右側のリースが
玄関から入ってきたひとの
フォーカルポイントになっています。

玄関の扉から入ってきた人の目線で
写真を撮るとこんなかんじ。

玄関 飾り棚 インテリア 飾り方 下駄箱の上

ね?

このリースのおかげで、
そのあと飾り棚に視線が自然と降りてきませんか?

リースじゃなくても、
ドウダンツツジみたいな大きめの枝もので
目を引いてもいいと思う。
(生モノの手入れができないズボラには、本物グリーンは憧れ。)

スッキリとした飾り棚に視線がいけば、
少なくとも悪い印象にはならない。
そんな心理効果を、ちょっと利用しています。

まとめ

まずは、
飾り棚には飾りものしか置かないという決意。
そして、出来上がったステキな飾り棚に
来客の視線をいざなう目論見(笑)

わが家の玄関は、そんな感じで、出来上がっております(笑)

 

ではでは👋