【わが家の収納】保存容器や瓶の収納

作り置き派の方やお料理好きの方は
けっこう持っている数も多くなる保存容器。

私もどちらかというと手作りしたい派
なので、いろいろ持ってます💕

今日は、わが家の保存容器の収納をテーマに
ご紹介していこうと思います。

しまう場所

保存容器 保存瓶 タッパー 収納

保存容器をしまっているのは、
食器棚の電子レンジの上。
写真のキラキラしているゾーンです。

ここはキッチンに立った時の背中側で、
振り向けば取れるので配置的にもgoodです。

収納内の全体像

こんな感じになっています。

保存容器 保存瓶 タッパー 収納

背の低い私には上の方は届きにくいので
100円ショップの取っ手付きのプラカゴに
細かいものをまとめて収納しています。
(大きめのものはそのまま置いています)

プラカゴは、
セリアの「アレンジバスケット ホワイト」
W19.9×D34×H11.6cm
を使用しています。

最上段(扉付き)

使用頻度が低いものをしまっています。

左に大きめのシール容器(いわゆるタッパー)を2つ置いています。

右のカゴは「保存容器」と書かれていますが、
「これは便利!調味料びん」と、
無印良品のオイル差し。
昔は見た目重視(インテリア重視)で
調味料を詰め替えていましたが、
いまは詰め替えはほとんどやめて、
ドレッシングやタレ類などを手作りした時に
使っています。
保存容器 保存瓶 タッパー 収納

真ん中のカゴは、
グラタンなどオーブンで使う耐熱ガラス皿。
市販のジャム瓶も少し。
保存容器 保存瓶 タッパー 収納

二段目(扉付き)

右のカゴは、ジャムや保存食を仕込む時の
WECKの保存瓶をしまってあります。
WECKは形と佇まいが大好き❤
いろんな形がありますが、どれもお気に入り。

保存容器 保存瓶 タッパー 収納

真ん中には萬古焼のおひつとオーブンミトン、
その奥に木のおひつがあります。
おひつとミトンはよく使います。

保存容器 保存瓶 タッパー 収納

左側には手前に富士ホーローの味噌ポットと
奥に野田琺瑯のぬか漬け容器。

味噌や塩麹(醤油麹)、ぬか漬けをやる時は
この辺の琺瑯容器を使います。

扉のない段

ここはオープン棚なので、
右側に普段使いのシール容器を置いています。

普段のおかずの残りや作り置きは、
この容器に入れて冷蔵庫へ。
イオンのhome coordyの商品で
溝が少なくて洗いやすいのがgoodです。
乗っけている浅いトレーはニトリのもの。
奥行きが40cm以上あるトレーは貴重ですっ!

タッパーやシール容器は
形や大きさを2〜3種類に統一したほうが
しまう場所も冷蔵庫でもすっきり重なります。
ちぐはぐな物をお使いであれば
思い切って買い換えるとスッキリします!

イオン home coordy
「そのままレンジ保存容器 角型M」400ml
「そのままレンジ保存容器 角型S」180ml
ニトリ
整理トレー(L)
幅17.5×奥行40.5×高さ5.3cm

 

オープン棚の真ん中は、
同じニトリのトレーを置いて、
息子の毎日の水筒を乾かす場所にしています。

左は、レンジ用のプラスチックふた。
電子レンジで使うものなので、
その真上に収納してあます。

ゾーニングの大切さ

保存容器の収納で大切にしているのは
「保存容器ならこのあたりにある」という
まとまったゾーンをつくること。
ゾーニングと呼びます。

シール容器はここだけど、瓶はあっち、
琺瑯の容器はここで…と分かれていたら
どこに置いたか忘れるもとです。
また、全部でいくつあるのかも分かりづらくなります。

仲間は仲間どうしまとめてあげると
総量もわかるし、自然と収納スペースが限られ
スペース以上に買わないという効果も。

保存容器は場所も取ることも多いので、
全部でいくつあるかわからない方は
ぜひ一度1つのところに集めて
数と種類に向き合ってみてくださいね。

保存容器にもあなたの「ものさし」を。

ではでは👋