【キッチン収納】深くても抜群に使いやすい!引き出し収納の3つのコツ

先日、キッチンの浅い引き出しに
一軍の道具を収納している
という記事を書きました。
➡ 過去記事 【キッチン収納】無印良品で一軍のモノをしまう&引き出し収納の3つのコツ

今日は、その下にある深い引き出しを
ご紹介しようと思います。
下の図でいうと、⑦の引き出しです。

システムキッチン図面

わが家は引き出しが
⑥と⑦の2か所しかありません。💦

他は開き扉でちょっと使いにくいので、
⑥と⑦の引き出し収納には
使用頻度の高いモノを収納しています。

では、中身を見てみましょう。

【キッチン収納】深くても抜群に使いやすい!引き出し収納のコツ

詳細

【キッチン収納】深くても抜群に使いやすい!引き出し収納のコツ

左のコンロ側には、コンロで使うモノを
右のシンク側には、シンクで使うモノを
意識的に並べるようにしています。

区切りには、
無印良品のファイルボックスを使っています。

ポリプロピレンファイルボックス

このボックスは汚れたら洗えるし、
作りもとてもしっかりしているので
すごく重宝しています!

わが家にはこのファイルボックス
いったい何個あるんだろう!
今度数えてみますね。

深い引き出し収納の3つのコツ

システムキッチンの深い引き出しは
「上の空間を、うまく活かせない」
「いろいろ重なってぐちゃぐちゃになる」
というお悩みをいただくことも多い場所。

深い引き出しを抜群に使いやすくする
3つのコツをご紹介しましょう。

■コツ1 大きい空間はとにかく区切る

深いということは、空間が大きいということ。
収納の基本テクニックですが、
空間が大きいときは、とにかく区切る!
これが鉄則です。

私も、無印良品の
ファイルボックスで区切っています。
無印良品じゃなくても、
ニトリやイオンのファイルボックス
でもいいと思います💕
➡過去記事:【ファイルボックス比較】無印良品 vs ニトリ vs イオンhome coordy

また、1つずつ細かく区切るだけではなく、
このあたりは調味料ゾーン
このあたりは炭水化物ゾーン
このあたりは調理ツールゾーン
というように、
「ゾーニング」といって
モノのまとまりを意識するのもGoodです。

■コツ2 極力、重ねないこと

深い収納の場合、
スタッキング収納(重ねる収納)ができる
収納グッズにも目が行きますよね。

でもカゴや箱をスタッキングしてしまうと
上の段をどけないと下のモノが取れないので
下に収納しているモノが死蔵化しがち。

もちろん、
スタッキング収納とか以前の
投げ入れて重なっている状態は
最もNGですけど😅

重ねて収納してもいいのは、
上段に使っているモノ、下段にそのストック
という使いかたができる場合。
それ以外の、種類が違うモノどうしは
極力重ねないようにしましょう。

■コツ3 深いなら長いものを、縦に収納する

やっぱり深い場所には高さを活かして
縦に長いものを収納するといいですね。

私も、調味料や油など高さのあるものや
米びつ、お盆など大き目のモノを入れています。
パスタなどの麺類も長いのでここに。

また、縦に長い容器を選ぶことで、
縦収納を可能にしてもGoodです!

私は、麦茶、薄力粉、薄力粉などを
下記の容器にいれています。
パスタ用の容器ですが、
違うのを入れたっていいじゃない。

フレッシュロック 2.7L
価格:898円(税込、送料別) (2018/11/5時点)

お徳用麦茶パック54袋入るよ!

写真だと、深さが伝わらないけど…

【キッチン収納】深くても抜群に使いやすい!引き出し収納のコツ

もう一度わが家の深い引き出し収納写真を。

写真だと、ちょっと伝わらないですよね。。。
でも、
区切って、重ねずに、縦収納にすることで、
使いたいものを上からすぐに掴める
抜群に使いやすい引き出しを
可能にしているんですよ!

わが家のオープンハウスレッスンでは
すべての部屋のすべての収納を
余すところなくお見せしていますので、
こちらの収納も実物を目で見ていただけます。

「実際に目で見てみたい!」
「キッチンの他の場所も見てみたい!」
「収納グッズも詳しく知りたい!」
というかたは、
ぜひお気軽にレッスンに来てくださいね。

年内の開催はあと2回。
まだ少しだけ、お席残ってます。
ご興味がある方は、お急ぎくださいませ~。

オープンハウスレッスン 空席状況 & お申込

ではでは👋