【片づけ心理】自分の気持ちをことばにすると、いろんな効果が。

「お部屋が片づかない」というお悩みに対して、

なんとなくモヤモヤするとか
全体的に使いづらい気がするとか
なにからはじめればいいかわからない

といった漠然とした課題しか
思い浮かばないときに
自分の気持ちを言語化してみるのは
とても良い方法です。

脳が活性化し、課題を整理することができる

人に何かを伝える時は、
情報が整理されていないと、
うまく伝わらないですよね。😅

だから、とりあえずでも言葉にしてみる
相手に理解してもらおうと無意識に脳が働き
曖昧だった自分の課題が徐々に整理され
漠然とした状態から
脱することができたりします。

つまり自分の頭の中で、
自分がやるべきことが
整理されたりするんですね。

私はお客さまのご相談を
LINEでも受けていますが、
「LINEで話すだけで、整理できる!」
と言っていただけることも多いです。😊

カタルシス効果が得られる

「人に話すと、スッキリする」
とはよく言いますよね。

解決策を提示されなくても
自分の考えややってきたことなどを
話し認めてもらうだけで
「これでよかったんだろうか」
「自分は間違えていないだろうか」
といった不安や緊張、
ストレスが和らぐ効果があります。

これは心理学では
カタルシス効果と言われています。
脳神経科学的にも
「自分について話す」ことで、
快楽をもたらす脳内物質
ドーパミンが増えることがわかっています。

2012年に
米国科学アカデミー紀要に掲載された
米ハーバード大学のダイアナ・タミール氏と
ジェイソン・ミッチェル氏が行った研究では
会話の中でも特に
「セルフディスクロージャー(自己開示)は
特に満足度が高い」
ということが、証明されました。

主婦の暇つぶしだと揶揄される
井戸端会議にも
ちゃんとした役割があるんですね~(笑)

認知のゆがみに気づくことも。

自分の認知(認識)歪んでいることを
相手と話すことで
気づいたりすることもあります。

「思い込み」といえばまだいい方で
マインドコントロール(洗脳)に
陥っていることもあるのです。

ん?
戦時中でもないし
カルト集団とも接点はないから
洗脳なんて自分には無関係
と思っていませんか?

洗脳とは、言葉巧みに
大量の教義や理念を投げかけることで、
対象者の頭の中を占拠し、
考えや思想を変えさせること。

では、この世の中で、
あなたの頭の中にもっとも多くの言葉を
投げかけるのは誰だと思いますか?

そう。
それは、あなた自身です。

寝ているときを除いて、
(いや、無意識も入れるのであれば寝ているときも?!)
あなたは常に、
あなたの言葉で洗脳されているのです。

「私はかたづけられない女だ」
「私にはレジ袋をたたむなんてムリ」
「私は洋服が捨てられない」
「とりあえず、ここに置いてしまえ」
「今日やってもやらなくても大して変わらない」
「片づけなくても死なない」

言葉の力は大きいものです。
自分の能力や限界を自分で決めない
ということがとても大切です。

 

ということで、
今日は、自分の思いや考えを
言葉にしてみる、
アウトプットしてみると
こんな効果があるよ?

についてお話ししました。

ではでは👋

にほんブログ村テーマ 収納・片付けへ収納・片付け

にほんブログ村テーマ 整理収納へ整理収納

にほんブログ村テーマ おうちを片づけたいへおうちを片づけたい