【暮らしの逸品】中島重久堂(NJK)の刃をもつ鉛筆削りを探せ!|くもんのこどもえんぴつけずり

鉛筆削り。

 

大人になると疎遠になる人が多いですかね?
わが家も、ずっと鉛筆&鉛筆削りが
家にありませんでした。

でも、息子が小学生になって、
鉛筆削りが必需品に。

今まで、なにかの付録についてきた
携帯用の鉛筆削りを
間に合わせ的に使っていたんですが
あまり切れ味が良くなくて
鉛筆の木肌がボロボロになってしまうのが
プチストレスでした。。。

 

お気に入りのモノだけに
囲まれて暮らしたい。

 

そこで、質の良い刃を使っている
優れた鉛筆削りが欲しい!と
2週間ぐらいかけて調べていました。

電動は壊れるという口コミがチラホラあるのと
据え置き型の手動タイプは
大きくて場所を取ることや
削る時のアクション数が多く感じて面倒なので
「挿して回すだけ」というシンプルな
携帯用のものにしました。

 

探しに探して、結局だどりついたのがこちら。

 

【暮らしの逸品】中島重久堂の刃をもつ鉛筆削り|くもんのこどもえんぴつけずり

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

KUMON/くもん出版 こども鉛筆削り アオ SE-52
価格:182円(税込、送料別) (2021/1/20時点)

 

くもんのこどもえんぴつけずり。

えー?これー?
ウチにもあるけど?っていう方多いかな?

くもんで使われている
三角えんぴつ用の鉛筆削りです。

フタを開くと穴が2つあり、
大きい穴が「くもんのこどもえんぴつ」用、
小さい穴がふつうの鉛筆を削る用です。

 

【暮らしの逸品】中島重久堂の刃をもつ鉛筆削り|くもんのこどもえんぴつけずり

 

何千円もする高価な一品というわけでもない
こちらの鉛筆削り。
息子が公文に通っているわけでもないんですが
なんでこの鉛筆削りなのかというと、、

 

【暮らしの逸品】中島重久堂の刃をもつ鉛筆削り|くもんのこどもえんぴつけずり

 

知る人ぞ知る、日本の鉛筆削り専門メーカー
「中島重久堂」(ナカジマジュウクドウ)の
NJKブランドの刃が使われているから!
隠れた逸品だったのですよ!

 

鉛筆削りを色々調べてみたら
ほとんどはドイツメーカーか
日本の文具メーカーのものでした。

その中でも特に良く切れる!と
高評価を得ているものはほとんど
この「中島重久堂の刃」だったんです。

そこで、
携帯用鉛筆削り かつ 中島重久堂の刃
で絞り込んでいき
くもんのこどもえんぴつけずりを選びました!

クツワのトガール/ケズールという商品も
中島重久堂の刃が使われていて
尖り具合の調整ができたりと魅力的でしたが
調整機能は特に使わなそうだったので
よりシンプルな造りを追求して
こちらにしてみました。

 

【暮らしの逸品】中島重久堂の刃をもつ鉛筆削り|くもんのこどもえんぴつけずり

(くもんに通ってないけど、頂き物のくもんのえんぴつが数本あった。)

試しに数本削ってみたら、
すごくスムーズ!
木肌もめっちゃ滑らかです!!!
ガジガジしない!

基本的には携帯用なので
削りカスを溜めるところは小さめですが
削った後に毎回捨てるのが習慣化してるので
わが家は特に問題なさそうです。

あぁ、やっぱり刃物は
日本製が一番だなぁ。。。☺️
滑らかに削られた鉛筆の木肌を眺めながら
刃物愛(変態)を実感しておりました。

 

【暮らしの逸品】中島重久堂の刃をもつ鉛筆削り|くもんのこどもえんぴつけずり

 

ちなみに、
ドイツの鉛筆削りの有名どころは
DUX、ステッドラー、ファーバーカステル、KUM
なんかがあります。

日本の鉛筆削りは
クツワ、カール事務機、コクヨ、三菱鉛筆、ソニック
レイメイ藤井、トンボ 、無印良品などなど。
色々な文具メーカーが出しているようです。

その中で刃にNJKのロゴが確認できたのは、
クツワ、くもん、トンボの一部。
それと、セリアのCESSと書かれた鉛筆削り
NJKの刻印がありました。

(100均でも出てるってスゴイ!)

コクヨや無印良品はKAIと刻印があったので
刃は貝印製のようです。
(物によっては違うかもしれないけど。)

 

あなたのお宅にある鉛筆削りの刃は
NJKの刻印ありますか?
削りやすいな〜と思ったら、
もしかしたらそれは
隠れた逸品かもしれませんね!

ではでは👋