【ラベルライター買い替えレビュー】私がまた ピータッチを選んだ理由。P-Touch PT-190⇒PT-J100W

ピータッチ PT-190 PT-J100W 違い 比較 レビュー

いま、長野ゆかさんのホームファイリング上級・個人レッスンを受けています。
すでにバーチカルファイリング化していた私ですが、今は自宅だけではなく、お客様に様々な角度から提案できるようになることを目的に、切磋琢磨しております。

そんな中、なんと、お気に入りのラベルライター ピータッチPT-190がとつぜん壊れるという緊急事態発生!!

ながしま

えーーーー。これから書類の見出し、たくさん作り直すのにー!!!

ということで、急きょ、現行のピータッチPT-J100Wを買いなおしました。

ピータッチPT-J100Wを買う前に、他メーカーのラベルライターもチェックしました。
でも、結局ピータッチに戻ってきたのにはワケがありました。

ワケ① テープの剥離紙が剥がしやい

ラベルライターを選ぶうえで、「ハーフカット機能がついているほうがいい」という意見があります。
ハーフカット機能とは、テープの剥離紙が剥がしやすいように、テープ表面に切れ目を入れてくれる機能。
この機能がついている他社メーカーのモノは、金額も高くなる傾向があります。

でもピータッチは、本体にハーフカット機能がなくても、テープが剥がしやすくなっています。
なぜかというと、最初からテープの剥離紙のほうに切れ目が入っているから。
「シールが剥がしやすい」という観点でみれば、本体にハーフカット機能自体がついてなくても無問題です!

ピータッチ PT-190 PT-J100W 違い 比較

ワケ② AC電源ではなくて電池式

AC電源のタイプ、電池を使うタイプがあります。または両方使える機種も。
ピータッチPT-190もPT-J100Wも、どちらも電池式です。

めったに使わない人は、使うたびに電池を取り出すのが面倒なので、AC電源タイプがいいという方もいます。
私は収納オタクでしょっちゅう使うので(笑)、電池は入れっぱなしです。
いろいろな部屋に持って行って印刷するので、電池式のほうが作業エリアを選ばず、お手軽です。

これは使うヒトによって好みが分かれるところですね!

ワケ③ ラミネートタイプのテープが標準

他のメーカーのモノだと、水に強いラミネートテープなのかどうかがよくわからなくて…。
ラベルライターの王道・テプラにも、オプションで強粘着タイプや保護テープなどもあるらしいですが、曲面に貼りづらいとか、保護テープを貼るのは面倒とか、ムムムなご意見も…。

ピータッチはデフォルトがラミネートテープ。
シャンプーボトルや、息子のお弁当・コップ・水筒に貼っていて、毎日水にぬれても大丈夫です。今までガシガシ使ってきた経験から、安心して水濡れするものにも使えています。

ワケ④ サイズがコンパクト

わが家では、サイズ感はかなり重要。
家中持ち歩いて使う、ということもあるのですが、それ以上に、収納時のサイズが重要なのです。
今までピータッチPT-190を置いている場所に、おなじように置ける方が断然助かります!

他メーカーは、キーボード入力できるモノが多く、かな送り入力のピータッチに比べるとボタンの数が増えるため、本体やアダプタに収納場所をとってしまうものがおおいです。
本体の大きさが小さいほうがいいのか、大きくてもいいからキーボードでさくさく入力できるほうがいいか。
企業で使う場合など、頻繁にたくさんの枚数を印字するなら、サイズ感よりもキーボードの入力しやすさを重視したほうが良いかもしれませんね。

ワケ⑤ 使い慣れている

結局、これ!(笑)2011年ぐらいから使い続けているので、愛着がわきまくり。
決して高機能とは言えないし、なんだかなぁ~と思う部分もあります。
でも、簡単な使い方&シンプルな機能&小さい という、わが家には必要十分条件がそろっているので、今回もまたピータッチを選んでしまいました。

次回は

次回は、PT-190とPT-J100Wを比較してみようと思います!
それと、PT-190時代からの「なんだかな~」と思っている部分も、正直にお伝えしますので、ラベルライター選びにお悩みの方はぜひ参考にしてみてくださいね!

 

ではでは👋