【片付け心理】洋服が捨てられない人へ贈る「妄想ショッピング」という方法

気温がぐっと下がったからか、
息子が熱を出しました。
明日は出張お片づけなので
どうにか一晩で治ってほしい😭
今晩は一生懸命看護します!💦

ーーー

さて、本日はタイトルにあるとおり、
洋服が捨てられないという方のために
「妄想ショッピング」という方法について
記事にしたいと思います。

お洋服の整理をするとき、どうしても
捨てづらいというお悩みはあるようです。

高かった
貰いものだから
痩せたら着れる
部屋着としてなら
などなど・・・

そんな時にオススメしているのは、
ミニマリストとして有名になった
ゆるりまい さん がご著書で書かれていた
妄想ショッピング」という方法です。

 

やり方は簡単です。✨

  1. ご自宅のクローゼットを、お店だと仮定(妄想)する。
  2. お店に来てお洋服をショッピングするように、買いたいと思うものから順に服を選んで、別の場所に移動していく
  3. 売れ残ったもの(クローゼットに残ったもの)=自分には必要のないもの というのがわかる

この方法は
「捨てる」にフォーカスするのではなく、
「選ぶ」ということにフォーカスしている
という点で、私はとても好き。💕

お片付けや整理を
「辛いこと」と思ってしまう方が多いのは
「捨てる」というマイナスイメージのアクションを強いられていると感じるから
という心理的な面もあると思うんですよね。

だから逆に、「捨てる」のではなく
自分が好きなもの、自分に必要なものを
「選ぶ」作業
なんだ思えば
まるでショッピングと同じ感覚で
楽しく進められるのではないかな?
と思うわけです。😊

それから、ショッピングですので、
「これと同じ商品にお店で出会ったら、
今でもお金を出して買うかな?」
とシビアに考えられるのもメリットです。😉


※画像はイメージです。

妄想ショッピングで売れ残ったものは、
手放せるなら「捨てる、売る、譲る」ために、
ごみ袋や紙袋に移動してしまいます。

手放せないようなら、そのまま
クローゼットに置いておいてもオッケー。👌
ただし、選んだものとは別のゾーンに
分けておいておくのがおすすめ。
(バーの片端に寄せるだけでも。)
そして、ご自分がわかるように
なにか目印をつけておくのがおすすめです。
それらが自分には必要ないもののカタマリだ、
とわかっていれば、
時が来れば手放す心の準備も整うでしょう。

ーーー

お洋服の整理に行き詰って、
どれもこれも捨てられない~
という方は是非、
ゆるりまいさんの「妄想ショッピング」
お試しください~!

 

ではでは👋

 

にほんブログ村テーマ 押入れ〜クローゼットの収納へ押入れ〜クローゼットの収納

にほんブログ村テーマ 収納・片付けへ収納・片付け

にほんブログ村テーマ 整理収納へ整理収納

にほんブログ村テーマ おうちを片づけたいへおうちを片づけたい